カテゴリ
2009年11月25日

Movable Typeはロリポップ!から始める!

Movable Typeを置くサーバはどこ?





この「アフィリエイトで稼ぐブログ」は情報交換・交流がメインの目的なので、
無料ブログのSeesaaを使っていますが、本格的アフィリエイトなら、
やっぱりMovable Type(ムーバブルタイプ)+独自ドメインですよね?

ムーバブルタイプをインストールするにはサーバが必要なので、
いろいろレンタルサーバを探してみたのですが、筆者の結論は、

  ロリポップ!

…ということになりました。


◆なぜロリポップ!を選んだのか?
それでは、なぜ、筆者はロリポップ!を選んだのでしょうか?

機能や安定性?

いいえ、ロリポップ!は業界最大手のためアクセス過多気味で、
安定性の評判はイマイチです。

ロリポップ!の機能が特別に他社より素晴らしいこともありません。
容量も200MBで多い方でもない…


それでも、筆者がロリポップ!を選んだのは、

  ノウハウや事例が最も充実している

という理由に尽きます。

実は、MTをまともに動かすためには、かなり知識が必要です。
perlとかphpをスイスイ操れるレベルの方ならともかく、
筆者レベルの初心者では、操作につまづいたら「そこで終わり」。

一般に設定では「白か黒か」で曖昧さを受け付けないので、
動けなくなったらどうしようもありません。
しかも、MTの場合、無料だけにヘルプもありません
(有料ならヘルプを受ける方法もあるようですが)。


さらに、技術的な難しさ以外に公式には出ていないトラブルも多いようです。
例えば、Movable Typeではデータベースのソフトが必要ですが、

  ●Berkeleyではフリーズしまくり・・・
  ●MYSQLでもエントリー数が増えるとフリーズしやすい

とか、公式には公開されていない難関もいくつもあるようです。


◆ロリポップ!には仲間が多い
その点、ロリポップ!なら、業界最大手だけに利用者が多いんです。
それも筆者と境遇が似ている初心者が多いんですね。

もともと、ロリポップ!は、
★☆★☆★☆ ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ! ☆★☆★☆★

なんと一番安いプランだと月額263円から!これならおこづかいで使えちゃう。

容量も200MBの大容量!CGIにSSI、PHPだって使えるよ。

85個もの可愛いアドレスで、友達に差をつけちゃおう。
なんて感じで、初心者を取り込むマーケティングをやっていますので、
初心者が多いんですね。

だから、初心者が何とかMTを軌道に乗せたみたいなエピソードや事例も豊富です。
例えば、ロリポップ!はフリーズしやすいけど、ココの設定を変えれば何とか動くとか、
実戦的なアドバイスが見つけやすい、聞きやすいのです。

Movable Typeに慣れたら、安くて安定性も高いXREAとかに
移行することも考えていますが、
まずはロリポップ!+Movable Typeのサイト作成を起ち上げてからですね。

【結論】基礎のノウハウは[情報の多い場所]で積み上げる。
応用段階は慣れてきてから考えればいい。



■参考URL
http://blog.planting-field.com/log/eid419.html
http://30smash.main.jp/mt/customize2/post_70.html
posted by 知ろうと at 11:47 | Comment(3) | TrackBack(0) | ツール(ソフト・サーバ・ASP)
2009年11月13日

アドセンスのアカウント削除は拡大する!

Googleアドセンスのアカウント一発削除が話題です。

アドセンスをやっているアフィリエイターの中には、
今が一時的に厳しいだけで、また戻る・・って、
考えている人もいるかもしれませんが、
不況が続く限り、戻らない確率の方が高いと思っています。
むしろ拡大していく可能性もあります。


そもそもアドセンスは、Googleにとって失敗商品だったのでは?
少なくとも不況下では、
広告代理店「Google」の商品として、
アドセンスは成功しにくい気がするのです。

Googleが夢見たように、調べ物をするユーザが、
調べ物の記事を読むうちに、広告にも興味を持って、
クリックして購入する、というシナリオは、
砂上の楼閣というか、机上の空論ではないでしょうか?


よしんば、クリックまではしても、それは、記事のコンテンツの
続きと思っての【誤認クリック】だったりしますから、
元の記事と全く別の「販売サイト」に来てしまった客は、
だまされて「ア●ルトサイト」に来た客と同じ心境になり、
買うどころか、飛んだ先のECサイトに
不信感すら覚えられるリスクがあります。


Googleの甘言(理想論)にだまされて、
アドセンス広告を出したECサイトは
あまりのコンバージョンの悪さに、撤退していくのは当然のこと。


まだ、好景気のときは、商品を買わないまでも、
自社商品を知ってもらえるだけで宣伝効果があるかも・・・と
ECサイトは、我慢していたのかもしれませんが、
これだけ不景気になると、そんな余裕はありません。


売れない広告からは撤退するのみ。
恐らくそういう行動を取ります。


そうなると、Googleは、広告代理店業として成り立たないので
コンバージョンの悪いサイトをどんどん斬っていきます。

  コンテンツの充実度?
  そんなの関係ねぇ、そんなの関係ねぇ(笑)

コンテンツが立派でも、売れないサイトは
Googleにとって、アドセンスの商品力を下げるアキレス腱です。


なまじ、コンテンツがしっかりしているゆえ、集客が多くて、
クリックが多くて、でも、コンバージョンが悪いサイトは、
アドセンスの商品力を下げるので、どんどんアボされるでしょう。

少なくとも、自分がECサイト側なら、Googleに
「コンバージョンの悪いサイトはアドセンスを斬って!」と
懇願すると思います。



ただし・・・


もしも、本当にコンバージョンが原因なら、
対策はできないこともありません。
ASPアフィリエイトのように、
クリックした客が買うようなサイトにすれば
いいと思います。
売れているサイトは、コンテンツが弱くても、
Googleは切れませんから。


その場合、クリック誘導とか不安になるかもしれませんが、
誘導だけして売れないから問題なのであって、
売れればGoogleは文句を言わないはずです。
むしろ優良なパートナーです。


そうなった場合、アドセンスならではの情報提供サイトは
減っていき、ASPアフィリエイトみたいなサイトが生き残ります。

そういうサイトでは、アドセンスよりも、
ASPアフィリエイトの方が儲かると、アフィリエイターは気づくので、
今度はアフィリエイターの方から、
アドセンスに見切りをつけるのかもしれません。


とにかく、不況が続く限り、アドセンスのアカウント削除は
拡大する傾向にあると思います。
コンバージョンの優良なサイトに変えていく、
コンバージョンが見込める記事を増やす、
そういう発想転換が必要かもしれません。
posted by 知ろうと at 01:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング(戦略・戦術)

ムームードメイン 高報酬アフィリエイト1000記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。