カテゴリ
2009年09月08日

ECサイトと情報交換をする利点

アフィリエイトは「広告代理店業」と
言われることがありますが、
仕入れ元(ECサイト)と広告媒体者(アフィリエイター)をつなぐ
取次(ASP)とさえ、話す人がたま〜に話すぐらいですよね。

ましてや、仕入れ元(ECショップ)と話すことは
滅多にないですよね?


  でも、それじゃあ、「広告代理店業」としては
  弱いと思うんです。


実際のリアルでの代理店業なら、
日々のコミュニケーションは、超・重要です。
そうしないと、きちんとしたビジネスができません。

アフィリエイトでも、
特に、モール型(楽天・Yahoo!)のアフィリエイトでは
仕入れ元(ECショップ)と話さないと情報が手に入りません。


例えば、広告している商品で、
在庫切れの表示に変わったらどうする?
他の広告を張り替える?


リアルでの代理店業なら、とにかく
仕入れ元(ECショップ)に次回の入荷予定日と
入荷規模を確認しますよね?

リアルでは、いきなり、別の店舗には変えないはず。
別の店舗に変えると、取引条件が変わるし、
変えた店舗で、今まで同様に売れるかどうかわからないし。


面倒でも、同じ店舗で、その商品が継続販売できるのか、
入荷予定を確認するのがアフィリエイターの場合も
重要な気がしています。

そうやって、仕入れ元(ECショップ)とメールを
交わせるようになったら
売れ筋商品や売れ線キーワードの聞き出しにつなげるとか、
さらなる発展の可能性が見えてくると思っています。
posted by 知ろうと at 12:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ツール(ソフト・サーバ・ASP)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127579127
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ムームードメイン 高報酬アフィリエイト1000記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。