カテゴリ
2011年09月10日

Yahoo!リスティング広告

■■すでに、Yahoo!リスティング広告のアカウントを
持っている方(PPCの塾生など)は
キーワード商材(川岡さんプロデュース)購入をおすすめします。


キーワードWEBマーケティング。前代未聞の姑息で巧妙な仕掛けによっての販売、必要じゃない人はサイトを見てはいけません。




■■これからPPCを始める方へ
Yahoo!リスティング広告

サーチのチカラがビジネスを広げる










クリック時のみ広告料金が発生するリスティング広告の利用を検討するときに、
多くの人が懸念するのが、「広告料金はいくらかかるのか」
「予算はどう考えればいいか」ということではないでしょうか。

Yahoo!リスティング広告

サーチのチカラがビジネスを広げる




クリック課金とはユーザーが広告をクリックした際
(=自社のWebサイトに誘導した際)に、広告料金が発生するシステムです。
広告が表示されても、インターネットユーザーが広告をクリックしない限り、
料金は発生しません。リスティング広告をクリックするユーザーは、
その商品・サービスを何らかの目的で探していることが多いので
クリックしても、購入・申し込み行動につながり、利益が発生するのです。

このクリック料金×クリック回数が、実際に課金される広告料金になる。
クリック単価は基本は入札形式で行われますが、入札価格を抑えながら
上位に表示できるように調整できるので、マイナーなキーワードなら
支払い費用は低く、利益が得られるわけです。
posted by 知ろうと at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 集客(SEO・PPC)
2007年04月28日

SEOの基本テクニック

どうすればSEOで上位表示できるのか?


SEOという言葉は、アフィリエイターなら聞いたことがあると思います。
ちなみにSEOとは、[Search Engine Optimization]の略語です。

収入アップを目指すあなたにとって、SEOで検索エンジン上位表示させることは必須。
検索エンジン経由のお客様は、購入率(コンバージョン率)が非常に高いからです。

では、どうすればSEOで上位表示できるのでしょうか?


◆SEOには正解はない
検索エンジンの仕組みは常に変わり続けているので、正解はありません。
検索エンジンの変動期には、それこそ毎日のように順位が入れ替わります。

また、検索エンジンスパム対策のため、日々、検索エンジンは
プログラムを強化し続けています。

でも、やっぱり少しでも上位表示させたいというのが人情ですよね。
もちろん、筆者も同じです。


◆最低限やっておくべきこと
そこで、今回は最低限、コレだけはやっておくべきだというノウハウをあげておきます。
ただし、あくまでも個人的なノウハウですので、以下の作業を行ったからといって
上位表示される保証はありません。
逆に、検索エンジンの順位が落ちた場合でも、一切の責任を負えません。ご了承ください。


【1】タイトル(title)の前方に上位表示させたいキーワードを入れる
例えば[SEO]というキーワードで上位表示させたい場合は、

  SEOの基本テクニック

などのように、タイトル(title)前方に[SEO]というキーワードを必ず入れましょう。


【2】同じテーマのサイトからのリンクしてもらう
上位表示されているページは、被リンク数が多いのがポイントです。
さらに、同じテーマのサイトからのリンクの方が効果的です。
[SEO]の例で言うと、

  グルメ関連のページよりも、インターネット関連のページ

からリンクを受けた方が効果的です。


【3】キーワードを含んだ形でリンクしてもらう
上位表示させたいキーワードを含んだ形でリンクしてもらいましょう。
つまり、[SEO]というキーワードで上位表示させたい場合は

  SEOの基本テクニックはこちら

などのような形で、テキストでリンクしてもらいましょう。
画像(バナー)のリンクは損です。テキストリンクの方が検索エンジンが
テーマ性を理解できるので効果的です。

また、動的ページ[.cgi][.php][.asp]のようなページではなく、
静的ページ[.html][.htm]のページからリンクしてもらう方が有利とされています。


【4】キーワードをページ(HTMLソース)上部に入れる
[SEO]というキーワードを、ページの上部、できればbodyの最初に入れましょう。
ページを開いたときの上部ではなく、
HTMLソースの上部のbodyの最初の方にに入れるという意味です。ただし、

  SEO―SEOで成功するためSEOの基本をSEOの観点からSEO術を書きます

みたなキーワード連呼は、読者が読みにくい上、
検索エンジンからスパム扱いされるリスクがあるので、ほどほどに。

実際に上位表示されている競合ページのバランスを参考にするといいと思います。


【5】hタグ、strongタグを使う
[h1]タグや[strong]タグを使った方が上位表示されやすいと言われます。
ただし、やらないよりはやった方がいいというレベルで、
強い効果は期待できません。

タグの記述だけで順位が変わるなら、みんな徹底的に、
[h1]タグや[strong]タグを使うでしょうが、
そんな安直なノウハウは検索エンジン側が規制をかけるでしょう。

【結論】SEOは基本を守れば当たることはあっても
スパム扱いされることはない。基本のSEOをやろう!



■参考URL
http://www.web2-labo.com/seo.html
posted by 知ろうと at 15:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 集客(SEO・PPC)
2007年04月27日

キーワードアドバイスツールで心理を読む!

キーアドツールは購入者心理を読んで使おう!


アフィリエイトで月間検索数を調べるのに使うのが
キーワードアドバイスツール、略してキーアドツールです。

狙ったキーワードが、実際に先月(※1)どれぐらい検索されたか、
検索数が調べられるツールです。
※1 先月というところがポイント、当月の検索数は出ません。


◆数でなく検索者の行動心理を読む!
しかし、検索数が多ければ多いほどいいかというと、
決してそんなことはありません。

たとえば、Yahoo!の2006年の検索ワードランキングを見ると、
 1位 mixi
 2位 2ちゃんねる
 3位 Google
 4位 楽天
 5位 Amazon
 6位 goo
 7位 YouTube
 8位 ANA
 9位 JAL
 10位 MSN
のようになっていますが、たとえば1位のmixiは
mixiについて情報を得たい、という人の数を表しているのでしょうか?
よく考えれば、そんなわけないって気づきますよね?

上記キーワードは、URLを打つのもブックマークを探すのも面倒くさがる
ものぐさなユーザが

  URLを調べるためだけに検索している

と考えるのが自然ですよね?

決して「mixiって何?」っていう調べ物をする人数を
表しているわけではありません。

このようなキーワードの場合、検索数は大きくても
「○○の情報を調べたい」「○○を買いたい」というニーズが
ほとんど存在しないわけですから、
仮に検索結果で上位表示されても、mixi関連の本やCD-ROMの
購入というアクションにつながるわけではありません。


◆ネットで調べるのがメインのキーワードもダメ
さらに、ネットで調べるニーズまでは高いキーワードでも、
購入というアクションにつながらないキーワードも
アフィリエイト向きではありません。


実際、検索数は多く、調べたいニーズが高くても
アクションにはつながりにくいないキーワードがいくつかあります。

たとえば・・・
 レシピ(ex.モンブラン レシピ)
  ※調べて終わり。食材や器具の購入にはなりにくい
 飼い方(ex.インコ 飼い方)
  ※調べて終わり。餌や用具の購入にはなりにくい
 口コミ(ex.養命酒 口コミ)
  ※商品購入の脈はあるが競合にもハシゴされるリスク大
などがあります。

こういうキーワードをうっかり選ぶと、
クリックされない、クリックされても売れない、
っていうジレンマを抱えがちです。ご注意ください。

【結論】キーワードには購入につながるものとつながらないものがあります。
単純な検索数でなく、購入につながるものを狙いましょう!



■参考URL
http://maemuki-strategy.com/2006/12/search_keyword_ranking_2006.html
posted by 知ろうと at 00:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 集客(SEO・PPC)
2007年04月26日

競合数が10個以内のキーワードなら勝てる!

ライバル数でキーワードを決めよう


アフィリエイトの基本の1つに検索エンジンでの上位表示があります。
狙ったキーワードで、Yahoo!やGoogleの検索結果の上位表示を
目指すというもの。
一般ユーザは上位表示の1ページ目以外は読みませんから、
1ページ目表示は死活問題なんですね。

そこで、上位表示を目指すキーワード選びが重要になります。
キーワード選びのポイントは、
  ●検索回数の多さ
  ●KEI値の高さ
など、いろいろありますが、最大のポイントは、
  ●競合の数が10個以内かどうか
だと思っています。


KEI値とは・・・
Keyword Effectiveness Indexの頭文字を取ったもので
キーワード有効性指標の1つ。KEY値ではなくKEI値。
あるキーワードを使ったWebページにSEO対策することにどれ程効果があるかを測る指標です。

 KEI = 該当キーワードの月間検索数の2乗 ÷ 該当キーワードの検索結果ページ数

で計算されます。
KEI値が高い場合、月間検索数の割にページ数が少ないので、
競合が少なく、検索エンジンで上位表示させやすいとされます。


◆KEIだけではなく敵の数で勝負!
しかし、KEI値だけ見ていても、必ずと言っていいほど失敗しますよ。
なぜなら、人気キーワードなら月間検索数が非常に多く、
該当キーワードの検索結果ページ数がやや多い場合でも
KEI値は相対的に高くなってしまうから。

そもそも該当キーワードの検索結果ページ数に意味があるのでしょうか?
100万の検索結果ページ数でも、100の検索結果ページ数でも、
検索ユーザが見るのは、どうせ1ページ目だけ
意味があるのは1ページ目、つまり目安として

10個のサイトにライバルがいるかどうか

ということなんです。

ライバルがコテコテのSEOの限りを尽くしていたら、
そりゃあ、勝てませんって!
個人ならともかく法人相手だと素人が勝てるわけないって!

逆に検索結果ページ数が多くても、競合が少なければ
あなたでも勝てる可能性が大きいんです!


◆ライバルの見分け方
それでは、勝てる競合と勝てない競合をどうやって見分けるのか?
筆者は次の3つの観点で見ています。

  【1】タイトル前方にキーワードが入っているか
  【2】サイト前半にキーワードが多く使われているか
  【3】見た目でhタグを使っているか

これらの条件に当てはまる場合、サイトオーナーは、
SEOに詳しいか、SEOに詳しい業者に頼んでページ作成しているので
他のSEO対策も万全にしてある可能性が高いですよ、多分。


他のSEO対策には、

  【4】被リンクの質と量
  【5】hタグ以外のタグ最適化

などいろいろありますが、
【4】【5】を調べるには、被リンク数を調べたり、
ソースを見たり、いろいろ面倒なので、
まずは上記の一目でわかる【1】【2】【3】だけでも見ておけば
大体、競合の強さが見えると思いますね。

では、狙ったキーワードで競合が強い場合、どうするか?
筆者なら、孫氏の兵法よろしく逃げます(笑)

複合キーワードにして背後から攻めたり、そのキーワードでは戦わないとか、
とにかくまともに単独キーワードで勝負して、勝てない・勝つ確率の少ない
無駄な時間を取られないようにします。

【結論】強力な競合サイトが10個以上ある激戦キーワードでは
逃げるが勝ち!

posted by 知ろうと at 08:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 集客(SEO・PPC)
2007年04月22日

アマゾンの日本語SEOがスゴイ理由

なぜ、アマゾンのSEOは強いのか?

何でもいいので、今、あなたが思いついた書名を検索してみてください。

例えば・・・2007年4月時点のベストセラー
  ・涼宮ハルヒの分裂
  ・食い逃げされてもバイトは雇うな
  ・環境問題はなぜウソがまかり通るのか
を検索すると、恐らくAmazon.co.jpのサイトが1位表示されると思います。


◆アマゾンは日本語をURL内に表示させている
アマゾンのSEO戦略の1つ目。

アマゾンは検索結果のURLの中に「製品名(書名)」を日本語で入れているのです。

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E6%B6%BC%E5%AE%AE%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%83%92%E3%81%AE%E5%88%86%E8%A3%82&lr=
▲クリックしてみてください。
 検索結果のURLに 涼宮ハルヒの分裂 という
 日本語が入っています。

URLの中に入っている検索キーワードは、
検索エンジン対策では非常に効果が高いと言われています。
検索エンジンは、キーワードとの一致を見る際、
タイトルやURLを非常に重視しますので・・・

実は、Amazonの 涼宮ハルヒの分裂 のURLには

http://www.amazon.co.jp/dp/4044292094

…という、シンプルな製品URLもありますが、
このURLでは、検索エンジン対策に全く有利にならないので、
Amazonでは、日本語入りURLをわざわざ生成しているわけですね。


◆検索ロボット向けには必ず日本語入りURLを見せる
AmazonのSEO戦略の2つ目。

GoogleやYahoo!のロボットが、最もシンプルな

http://www.amazon.co.jp/dp/4044292094

に来たら、このURLには近づけないよう、
必ず日本語入り(SEOに強い)のURL(正式にはURI)に、
検索エンジンのロボットをリダイレクトさせているそうです。

上記の 涼宮ハルヒの分裂 の検索結果のURLは、

http://www.amazon.co.jp/%E6%B6%BC%E5%AE%AE%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%83%92%E3%81%AE%E5%88%86%E8%A3%82-%E8%B0%B7%E5%B7%9D-%E6%B5%81/dp/4044292094

ですが、この長い方に強制ジャンプさせているわけですね。


しかも、一般ユーザはリダイレクトさせないよう、一般ユーザが

http://www.amazon.co.jp/dp/4044292094

を見た場合はリダイレクトさせず、
ロボットだけがリダイレクトする仕組みにしているんですよ。

Amazonではロボットを見分けられるので、
ロボットだけリダイレクトさせるわけですね。

【結論】アフィリエイトでも、URLの日本語表示で
SEOをやれば上位表示の可能性がある!



■参考URL
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50813868.html
posted by 知ろうと at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 集客(SEO・PPC)

ムームードメイン 高報酬アフィリエイト1000記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。